腱鞘炎のテーピング


接骨院や整形外科へいくと患部を包帯で固定したり、
テーピングを勧められたりすることがあります。

痛みが出る方向への運動を制限させることで
痛みを軽減させ治癒を促進するのが目的です。

指圧やマッサージなどの仕事や
キーボードのなどの指を激しく使う人や

動作時の痛みがひどい人には、
痛みからくる緊張で腱鞘炎を悪化させないよう、
適切にテーピングをするのは良いことです。

軽度の炎症の時は、数日間、テーピングを続けていると
痛みが消失すると言われています。

しかし、同じようにテーピングを続けても
治りが良くなる人、ならない人がいます。
なぜでしょうか?

その理由のひとつとして
腱鞘炎になる原因が解消されていない
ということがあります。

いくら、テーピングで固定をして動きが楽に
なったとしても、痛みを引き起こす原因である
日常の動作生活習慣が変わっていなければ
また、痛みが戻ってきてしまいます。

しかも、テーピングの巻き方は初心者には難しく、
テーピングの前後で、痛みを感じずに動作できる範囲が
広がっていく変化が無ければ、テーピングの意味がありません。

また、腱鞘炎を固定すると血液の循環が
悪くなり治りが遅くなるという内容が
書かれている本もあります。

ですから、捻挫 などになった時の
一時的な応急処置によいと思いますが
慢性的な痛みや痺れを取り除くことには
向いていないと思います。

本来ならテーピングのない状態で
手が自由に動かせるのが理想ではないですか?

腱鞘炎を真剣に治そうと思うなら
根本的な原因を取り除いていく必要があります。